冬だけだるい「冬季うつ」眠気がすごい・甘いものが無性に食べたいは要注意


この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

冬だけ元気がでない…「冬季うつ」

冬季うつ病とは、季節の変化が原因となる季節性うつ病のひとつです。

正式名称は「季節性感情障害」と呼ばれているもので、日本の場合はほとんどが「冬季うつ」にあたると言われています。

名前の通り冬になると発症し、あたたかい春になると軽快していくという特徴があります。

一度発症すると毎年繰り返すことが多いため、原因と特徴をよく理解して対処することが重要です。

冬季うつの原因は日照時間の短さ

冬になると日照時間が短くなりメラトニンやセロトニンといった脳内ホルモンの分泌が低下しやすくなります。

日光を浴びることで生成されるこれらのホルモンが不足することで睡眠のリズムが乱れたり精神のバランスが崩れたりすると考えられています。

このセロトニンは睡眠を誘発させるメラトニンの原料になりますので、太陽の光が少ない冬季にはセロトニンを分泌させ、メラトニンを十分に作りだせないのです。

「冬季うつ」の最大の特徴は、過睡、過食になる傾向が高いこと。

甘いものが異常に欲しくなり、もうお腹がいっぱいなのにチョコレートを食べ続けてしまう、連日10時間以上寝ても日中の眠気が強い、朝がとても辛い等の変化が現れます。

また、冬季うつ病は典型的なうつ病と同じく、集中力の低下や不安感、気だるさなどによって仕事や日常生活、対人コミュニケーションに問題が生じてしまいます。

このような症状が秋から冬にかけて頻発するようであれば、冬季うつ病を患っているかもしれないとのこと。

「冬季うつ」解消のために心がけたいこと

少しでも自然光の恵みを得るために、メークや着替えも洗面所ではなく、日が差す場所で行うのがベター。

スマートフォンやPCから発せられるブルーライトは覚醒作用があるので、入眠時間を遅らせ、結果として睡眠不足、睡眠の質の低下を招きます。

トリプトファンは体内で生成することができないため、食事から体内に取り入れる必要があります。

さらに、トリプトファンの吸収を助けるのが、炭水化物やビタミンB6(バナナやさつまいも、ワカメ、緑黄色野菜など)であり、これらを一緒にバランスよく食べることで、セロトニンが増強されます。

「冬季うつ」が太りやすい傾向にあるのは、トリプトファンの吸収を助ける炭水化物を体が欲しているから、ともいえるのです。